DON'TWASTE紙袋

紙袋の無限の可能性。エコだけじゃない、可愛いアイテム。


DON'TWASTE紙袋

用途多彩な紙袋の上手な活用方法

使わなくなった紙袋はすぐに捨ててしまったり、可愛くて捨てられないけど、かさばって邪魔になっていたりしませんか?実は活用方法はたくさんあるので意外と使えます。なんと冷蔵庫の中でも活用できるのです。持ち手の部分を切り落とし全体を広げます。上の部分を少し中に折り込んで、そのまま下段にある野菜室へ並べると、野菜や果物を入れておく収納ボックスとして大活躍します。冷蔵庫の中には仕切りがなく、かといってなかなか合うようなものは見つかりません。これでしたら手元にあるもので簡単に出来て、汚くなってきたら捨てられますし、飽きたら模様替えすることだってできます。掃除をする必要もないので手間が省けて、綺麗な状態を保つことができますね。冷蔵庫で活用する際には、紙袋の汚れを綺麗にしてから使用しましょう。

リメイクすると、自分だけの雑貨に大変身

袋の柄が可愛いことが多いのでリメイクして楽しみましょう。世界に一つだけのものができるので愛着がわきますね。簡単で賢く使えるものに壁掛けのタオル入れはいかがでしょうか。タオルは毎日使うものなので見やすく取り出しやすいことが大切です。今回は、持ち手はそのままに袋の横の面を片方だけ全て切り落とします。切り落とした部分は怪我をしやすいので、上から軽くテープで固定します。袋に好きな柄を描いたり貼り付けます。持ち手を壁に固定し、最後に少し硬い紙を下敷きにすれば完成です。狭い空間もうまく活用することができ、タオルもすっきり収納されるので是非試してみてください。今回は横面を切り落としましたが、前面を少し切り取るだけなら中身も見えず安心です。小物入れにもなるのでおすすめです。

飾って見せるテクニックで収納時も可愛く

ショップ袋などはとても可愛く飾っておきたくなります。この場合は収納方法がポイントで、工夫次第でどんなインテリアにもなります。綺麗に折りたたんだ袋をフレームに入れて壁にかければ、部屋が一段と明るくなります。センターテーブルのガラス下に入れ物を並べれば可愛らしいマットにもなります。小さな袋なら造花を入れて飾れば花瓶のように見せることもできます。逆に、袋の気に入っているところだけを切り取り糊づけしてシールにしたり、裏側の白い面をレターとして使用するなど雑貨のようにも使えます。もちろんそのままの形状を保ちながらでも活用方法は無限大です。紙袋はビニールと違い耐久性があるので使いやすいのですが、水に弱いので水場には持ち込めないのが残念ですが、余っているものがあればぜひ挑戦してみましょう。