DON'TWASTE紙袋

紙袋の無限の可能性。エコだけじゃない、可愛いアイテム。


DON'TWASTE紙袋

自分好みの使い方で紙袋を活かしていく

身の回りのものについて考えていくと、本当に数多くのものに囲まれて生活をしているものです。毎日の生活では必要なものがたくさんあります。それを自分で作り出すこともできるのですが、材料が必要になったり、出来上がっているものを入手するということもあります。
お金を支払って手に入れていくのにあたって、購入したものはお店などで包装をしてもらう機会もあります。それをさらに持ち運びがしやすいように袋などに入れるということもあります。
袋に入れてもらうことで移動をするのが楽になるのですが、そのまま自宅に持ち帰ってしまうと用事が済んでしまうものです。使わなくなった袋などを上手に再利用をしていくことを考えていくと良い形で活かすことができる場合もかなりあるといえましょう。

手に入れた紙袋の活かし方について

もらったり、購入したりして手に入れることができた袋というのは自宅に置いたままにしてあることもあるでしょう。中には使い捨ての感覚でそのまま処分をしてしまうこともあるでしょう。しかし、それはもったいないものです。
上手に活かすことができる方法がかなりたくさんあるものです。柄や色、形、大きさなどもさまざまですし、素材や持ち手の有無なども違うのですが、それぞれの袋にあった使い方を考えていくとかなり有効に使うことができるでしょう。
そのまま本来のものを運ぶためのアイテムとして使うというのが主流になることでしょう。メインのバッグに対してサブ的なものとして使うこともできますし、他の人に物を差し上げるときに使うこともできます。通常の利用としても袋そのものを見ながら場面を考えてみるようにするといいでしょう。

紙袋は違うアイテムにも変えることができる

通常、袋というのは物を運んだり、中身が見えないようにするために使うことが多いことでしょう。普通の使い方というのは誰もが考えるものであって、上手に活用することはわりと容易です。これをさらに工夫をしていくことで素敵なアイテムに変えることができるでしょう。
今は紙袋などもおしゃれなものがかなりあるので、自分で加工をしてみることでファッションアイテムにもインテリアアイテムとしても使うことができます。そのまま使うとすると、ボックスティッシュを入れるケースにしてみたり、新聞やタオル、雑誌を入れるケースとしても使うことができます。
さらにブランドの袋などではロゴや柄などをメインに出して作ることで写真たてにすることができたり、ペン縦にすることができたり、小物ケースにすることができたりします。いろいろな活かし方があってアイテムにすることもできます。